お客様より駐車場の外灯がつかなくなったとの事で、ご依頼のお電話がありました。
結構年季の入ったポールです。

p_20161206_131910_vhdr_auto

水銀灯を点灯させる安定器が故障しており、点かない状態になっていました。

安定器を交換しようと、ポールのカバーを開けようとしたところ、カバーが地中に埋まっておりしかも花壇の植木でアクセス不能でした。

お客様にご了承いただき、枝を切り落として地面を掘る作業から入りました。

p_20161206_131937_vhdr_auto

外灯設置後ノーメンテでランプが切れることなく20年以上経過していたとのことで、そのあとポール周囲に花壇ができて植物を植えられてあったそうです。

メンテ用の窓がポールにあるとは思いもしなかったとのことでした。

ある程度地面を掘ってカバーが開けれるようになり、安定器を交換しました。

今までランプも交換してないとのことでしたので、ついでにランプも新品に交換させていただきました。

これからまた、20年ぐらい持つといいですね~とお客様と談笑してきました。

この度もご依頼ありがとうございました。