Windows7サポート終了期限は2020年1月14日です。Windows10への更新はお早めにご依頼ください。

地元蒲池の大先輩からのご指名で、ご自宅にEVコンセントの設置工事に伺いました

日産リーフ充電

今回はうちのお得意様の社員様かつ地元蒲池の大先輩からご依頼を受け、ご自宅にEVコンセントの設置に伺いました。
先輩からご指名でご依頼いただけるということ、大変ありがたく思います!

事前に現地調査をさせていただき、コンセント設置場所の確認及び分電盤の状況、1F天井裏の状況を確認しました。

EVコンセント設置場所

EVコンセント設置場所

分電盤より配線可能な場所でなおかつカーポートに最寄りの場所でということで、こちらの場所にお打ち合わせの上決定しました。
近年の2階建ての住宅ですので点検口はなく、ユニットバスの点検口から作業させていただくことにしました。
分電盤上の天井裏をユニットバスから覗くと下図のような状況です。

天井裏

天井裏

頭を入れるのがやっとの天井裏高さです。横幅も肩幅はもちろん収まりません・・・
ですが、せっかくの先輩からのご使命ですので覚悟を決め突入しました。こういうときに毎度華奢な体が本領を発揮します。

天井裏配線

天井裏配線

分電盤上の天井裏配線を終え、

天井裏配線2

天井裏配線2

外へ電線を出す作業が完了しました。ユニットバス上はスペースが広いので、ユニットバス天井の強度に注意すればこちらは比較的楽です。

次に外の配管作業を終え、無事EVコンセントの設置が完了しました。

EVコンセント配管

EVコンセント配管

最後に分電盤へのつなぎ込みです。

EVコンセント用ブレーカー(一番右)

EVコンセント用ブレーカー(一番右)

今回はEVコンセントの専用回路用ブレーカーとして、Panasonic EV・PHEV充電回路用リニューアルボックスを、電線は2.6mmを使用しました。

メーカー推奨、電源回路の仕様
EV専用ELB(漏電ブレーカー)の漏電感度は、15mA・100msで作動する高感度高速形を、電線は単線の場合2.6mm(電線長38m以下の場合)を推奨とされています。

工事完了後は、日産リーフへの充電をご確認いただきました。

EVコンセント接続

EVコンセント接続

日産リーフ充電

日産リーフ充電

日産リーフ納車おめでとうございます。この度はご指名・ご依頼ありがとうございました!EVライフをご満喫ください♪

余談ですが、帰りに立ち寄った自動販売機でなんと・・・

缶コーヒーが1110円

缶コーヒーが1110円

缶コーヒーが1110円!地元でいままで気付きませんでした(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です